トップページ >> 医学部の紹介 >> 3つのポリシー
3つの方針 戻る

熊本大学(全学)のアドミッションポリシー
詳細はこちら >>

熊本大学(全学)のアドミッションポリシー
豊かな人間性と高い倫理観を持ち、医学およびその関連領域における社会的な使命を追求、達成しうる医師・医学者を育てる。

熊本大学(全学)のアドミッションポリシー
熊本大学医学部医学科の使命を達成するために、医学部医学科では、次のような人を求めています。


  1. 病める人たちやその家族の気持ちを理解できる人
  2. チーム医療の中心的役割を果たすための優れた協調性を持つ人
  3. 地域医療に関心を持ち、地域住民の健康増進に貢献する意欲を持つ人
  4. 科学的探究心が旺盛で、国際的視野で医科学研究を展開する意欲に溢れる人
  5. 社会に対する幅広い視野を有し、地域や国際社会における保健医療や福祉に深い関心を持つ人
  6. 日々進歩する医学や医療の最新知識を吸収できる基礎学力を持ち、生涯にわたって自己学習を継続できる人

熊本大学(全学)のアドミッションポリシー
熊本大学医学部医学科の使命を達成するため、医学科学生が卒業する際に獲得しているべき能力を明文化した「熊本大学医学部医学科教育成果」を定めています。これは、7つのコア教育成果(大項目、A. 豊かな人間性、B. 基本的診療能力、C. 自己研鑽とプロフェッショナリズム、D. チーム医療と信頼される医療の実践、E. 医科学研究、F. 国際的視野、G. 地域医療と社会貢献)と、それぞれの下位に属する総計50の教育成果(小項目)からなります。医学科ではこれら教育成果を学年進行に応じて段階的に学修し、卒業時にはすべての教育成果を獲得できているようにカリキュラムを編成しています。

 

体系性:教育成果を獲得するため、各分野の学問体系に従った教育過程をバランスよく編成しています。

段階性:学年進行に従って段階的に教育成果を獲得できるよう編成しています。

個別性(進路への対応):教育成果を獲得することにより、臨床医だけでなく医学研究者や医療行政担当者まで、様々な進路に対応できるようになっています。

 

熊本大学医学部のアドミッション・ポリシー
熊本大学医学部医学科の使命を達成するため、「熊本大学医学部医学科教育成果」を定めています。7つのコア教育成果(大項目、A. 豊かな人間性、B. 基本的診療能力、C. 自己研鑽とプロフェッショナリズム、D. チーム医療と信頼される医療の実践、E. 医科学研究、F. 国際的視野、G. 地域医療と社会貢献)とそれぞれの下位に属する総計50の教育成果(小項目)を獲得するために編成された教育課程を学修し所定の単位を取得、これら教育成果を獲得した者に学士(医学)の学位を授与します。