トップページ >> 医学部の紹介 >> 医学部長メッセージ
医学部長メッセージ 戻る
意欲溢れる若い人材を求む
医学部長 安東 由喜雄
医学部長 安東 由喜雄
 本学医学部は、医学士教育課程である6年制の医学科と、保健学士教育課程である4年制の保健学科から成っています。熊本における医学教育の源流は、宝暦6年(1756年)肥後藩の細川重賢公が創設した医学寮再春館まで遡ることが出来ます。本学医学部医学科の歴史も、明治29年(1896年)に創立された「私立熊本医学校」にまで遡ることができ、これまでに1万人を超える卒業生が輩出しています。本学医学科の卒業生の多くは、全国の医療機関において医師として活躍するとともに、世界的な医学研究者も数多く輩出しています。

  保健学科は、明治31年、私立熊本医学校附属医院に開設された看護学講習科にその源を求めることができます。現在の保健学科は、平成15年(2003年)に医療技術短期大学部と教育学部にあった特別教科(看護)教員養成課程とが合併して設立された、看護学専攻、放射線技術科学専攻、検査技術科学専攻の三専攻を擁する保健学教育組織です。卒業生は、看護師、助産師、大学や研究機関の教員、高等学校看護科・専攻科教諭、診療放射線技師および臨床検査技師として、多くの医療施設、保健所、研究施設等で活躍しています。

 医学部では、伝統の上に培われた医学教育制度に安住することなく、 現代の新しい医療環境に対応可能な医師・医療従事者を育成するため、新しい教育システムを取り入れ、最先端の医学知識を身に着けるとともに患者さんへの深い思いやりを持った医師・医療従事者を育成して参ります。医療への熱意と積極的な学習意欲を持ち、人間性に富む若い人材を求めます。