泌尿器科学分野 戻る
Department of Urology
部 門 総合医薬科学部門
講 座 生体機能病態学講座



教授 神波 大己
助教 杉山 豊
助教 矢津田 旬ニ
助教 元島 崇信
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 尿路平滑筋機能及び排尿機能、病態に関する研究
  2. 下部尿路機能再建法としてのテーラーメード医療の可能性に関する研究
  3. 膀胱平滑筋におけるムスカリン性アセチリコリン受容体の役割と機能的意義
  4. 過活動膀胱(OAB)の発症メカニズムに関する研究
  5. テストステロンの泌尿器臓器機能に及ぼす影響に関する研究
  6. 泌尿器癌における腫瘍免疫学的研究
  7. 泌尿器科悪性腫瘍に関する基礎的、臨床的研究
  8. 性機能障害に関する研究
  9. 膀胱尿管逆流症における腎症発現因子の検討

 我々の分野では、泌尿器悪性腫瘍の発癌や抵抗性獲得に関わる機構の解明や新規治療戦略の開発を主眼においた臨床的、基礎的研究を行っています。淡明細胞型腎細胞癌では、VHL下流の VEGF-VEGFRシグナル経路を標的とした分子標的薬は進行性腎癌に対する薬物療法の柱です。我々はそのシグナル経路の中で、ユビキチンリガーゼとして作用する VBC-Cul2 複合体に注目しており、マトリゲルを用いた 3 次元培養下や VHL 遺伝子産物 pVHL の誘導発現システムを用いて VBC-Cul2 複合体の新規標的分子を同定する事で腎癌細胞自体の増殖能や浸潤能に関与する分子の解明を目指しています。泌尿器科癌においても免疫チェックポイント阻害薬が登場して優れた治療効果を示しており、新しい細胞蛋白質発現解析ツールと注目されている CyTOF2 を用いてヒトにおける治療効果や薬剤耐性の予測に繋がる未知の細胞集団の同定を試みています。また、モデルマウスの尿サンプルを用いて、発癌、進展の詳細な分子機構が未だ明らかとなっていない Xp11.2 転座型腎癌の早期診断に繋がるヒトにも応用可能なバイオマーカーの検索も行っています。腎癌発癌機構の解明では、脈管新生、血管新生を促進する蛋白としてアンジオポエチン様因子(ANGPTL Angiopoietin-like protein)ファミリーに注目しており、特に血管細胞や単球細胞に作用すると言われている ANGPTL2 が癌進展に与える影響についてマウスを用いて解析を行っています。最近、乳癌や胃癌など多くの癌組織には発現しており、癌細胞の浸潤能促進にも関与していると言われている C5a 受容体(C5aR) にも注目しており、前立腺癌進行における C5a 発現の生物学的意義を解明する事で創薬開発を目指しています。当科は、日常臨床を通じて医師としての知識の習得、外科医としての技術の習得を目指していますが、同時に科学者としての視点も大切にしており、 研究と向きあう姿勢が日々の診療で遭遇する疑問の解決に大いに役立つものと考えています。

We conduct clinical and basic research with the aim of elucidating the mechanisms related to carcinogenesis and resistance acquisition of urological malignancies and development of novel therapeutic strategies. In clear-cell type renal cell carcinoma, a molecular targeted drug targeting the VEGF-VEGFR signaling pathway downstream of VHL is the key of drug therapy for advanced renal cell carcinoma. We are interested in VBC-Cul2 complex acting as a ubiquitin ligase in its signaling pathway. We are aiming to elucidate the molecules involved in the proliferative and invasive potential of renal cancer cells themselves by identifying new target molecules via VBC-Cul2 complex under three-dimensional culture using Matrigel or inducible expression system of VHL gene product pVHL. In urological cancer as well, immuno - checkpoint inhibitor has shown excellent therapeutic effect. Using CyTOF 2 as new cell protein expression analysis tool, we are trying to identify unknown cell populations which leads to prediction of treatment effect or drug resistance in human. Using urine samples from a model mouse, a search for diagnostic biomarkers for human Xp11.2 translocation type renal carcinoma, which is a rare subtype of renal cancer and detailed molecular mechanisms of carcinogenesis and progression have not yet been clarified, is on-going. We focus on the angiopoietin-like factor (ANGPTL Angiopoietin-like protein) family as a protein that promotes angiogenesis and lymphangiogenesis, especially ANGPTL2 which is said to act on vascular cells and monocyte cells. We are investigating the effects of ANGPTL2 on cancer development using mice to elucidate the mechanism of carcinogenesis of renal cell carcinoma. Recently, it has been reported that C5a receptor (C5aR) is expressed in many cancer tissues such as breast cancer and gastric cancer and involved in promoting infiltration ability of cancer cells. We are aiming for novel drug development by elucidating the biological significance of C5a expression in prostate cancer progression. Our department aims to acquire knowledge as a physician and skills as a surgeon through daily clinical practice, and at the same time, we value the viewpoint as a scientist. We believe that such research minds will be of great help to resolve many clinical questions which we encounter in daily practice.