代謝内科学講座 戻る
Department of Metabolic Medicine
部 門 総合医薬科学部門
分 野 代謝・循環医学分野
ホームページ http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/met/
メールアドレス metab(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp



教授 荒木 栄一
earaki(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
准教授 松村 剛
講師 近藤 龍也 (大学病院所属)
t-kondo(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
助教 河島 淳司
助教 瀬ノ口 隆文
特任助教 阪口 雅司
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 糖尿病成因関連のプロジェクト
    1. インスリン遺伝子の発現機序およびインスリン分泌機構の解析
    2. インスリンレセプター遺伝子およびIRS family遺伝子の構造と発現調節機序
    3. インスリン感受性と糖尿病病態の解析
    4. 小胞体ストレスと膵β細胞のアポトーシスの解析
    5. 1型糖尿病の発症機序の解析
    6. 膵β細胞における分化、増殖、再生機構の解析
  2. 糖尿病合併症関連プロジェクト
    1. ミトコンドリア由来活性酸素の糖尿病性血管合併症における意義
    2. 糖尿病性血管合併症発症・進展における酸化ストレス関連遺伝子多型性の意義
    3. 糖尿病性大血管障害発症機序の解析
  3. 人工膵島関連のプロジェクト
    1. ブドウ糖バイオセンサおよびインスリン注入システムの開発
    2. 赤外分光分析法による非侵襲的血糖測定法の開発
    3. 糖尿病の治療制御と病態機序解明への応用―携帯型人工膵島の開発と臨床応用―
  4. 内分泌患関連のプロジェクト
    1. 各種ホルモン分泌特性、作用特性と病態機序の解析
    2. 甲状腺疾患と各種関連抗体との関係解析
    3. バセドウ病モデル動物の樹立
    4. 内分泌疾患における骨代謝の解析
    5. 内分泌・代謝疾患における遺伝子解析
    6. 甲状腺ホルモン受容体遺伝子変異と甲状腺癌発症の関連
  5. 動脈硬化症関連のプロジェクト
    1. マクロファージ増殖における細胞内情報伝達機構の解析
    2. 大動脈硬化病変におけるPPARγ発現機構の解析
    3. HMG-GoA還元酸素阻害剤(スタチン)による坑動脈硬化作用の解析
  6. 肥満症関連のプロジェクト
    1. 肥満症におけるインスリン作用とアディポサイトカインの発現制御
    2. メタボリックシンドロームにおける血管障害機構の解析
    3. メタボリックシンドローム発症におけるミトコンドリア由来活性酸素の意義
    4. 肥満症発症・進展における基礎代謝関連遺伝子多型性の意義

 代謝内科学講座では、糖尿病および代謝疾患、内分泌疾患における病態の分子生物学的解明から高度先進医療の開発を目指した臨床研究を行っている。

(A) 糖尿病領域では、
  1. 膵β細胞からのインスリン分泌や、細胞内におけるインスリンシグナル伝達機序の解明、
  2. ミトコンドリア由来活性酸素の糖尿病血管合併症における役割の解明、
  3. 膵β細胞の再生と臨床応用に関する研究、
  4. 白色脂肪組織の分化と機能解析に関する研究、
  5. 内臓脂肪減少・インスリン抵抗性改善・膵β細胞機能改善をもたらす温熱と微弱電流の同時印加療法(MET)の臨床応用、
  6. 非侵襲指先部経皮蛍光AGEs測定による 糖尿病血管合併症スクリーニング法の開発、
(B)内分泌領域では、
  1. 副腎腫瘍の診断及び病態解析、
  2. アルドステロンの膵β細胞障害性の検討とエプレレノンによる保護効果の検証、
  3. 先端巨大症の耐糖能障害を含めた病態解析、
(C)脂質代謝・動脈硬化・肥満領域では、
  1. AMPK分子を介する動脈硬化症抑制メカニズムの解明、
  2. 動脈硬化進展へのマクロファージ増殖の意義(写真参照)、
  3. 動脈硬化病変におけるPPARγ活性化の臨床的意義、
  4. 肥満症における遺伝的背景の解析、などを行っている。
マクロファージ特異的p27kip過剰発現マウスのマクロファージ増殖抑制を介した動脈硬化進展抑制効果
Oil-red O染色(16周齢)
apoE-KOマウスの大動脈洞(対照) apoE-KO/ Mφ-p27kipTgマウスの大動脈洞
動脈硬化モデルマウスであるapoE-KOマウスとマクロファージ(Mφ)特異的p27kip過剰(Tg)発現マウスの交配により作製したapoE-KO/ Mφ-p27kipTgマウスを用い、動脈硬化進展への影響を検討したところ、動脈硬化進展抑制効果が観察された。
Our main focuses are on molecular analysis and development of new treatments in the field of metabolic and endocrine disorders. In the field of diabetes, we are focusing on the
  1. mechanisms of insulin secretion and insulin signaling,
  2. role of mitochondrial oxidative stress on diabetic complications,
  3. regeneration of pancreatic β-cells,
  4. differentiation and function of white adipose tissues,
  5. clinical application of Mild Electric current and Thermo (MET) therapy to reduce visceral fat and improve insulin resistance, and
  6. non-invasive measurement of skin AGEs to evaluate diabetic vascular complications.
In the field of endocrinology, we are focusing on the
  1. pathophysiology and diagnosis of adrenal tumor,
  2. harmful effects of aldosterone on pancreatic β-cells and its prevention by eprerenone.
  3. pathophysiology of glucose intolerance in acromegaly
In the field of lipid metabolism, atherosclerosis and obesity, we are focusing on
  1. role of AMPK on atherogenesis,
  2. role of macrophage proliferation in atherosclerotic lesion formation,
  3. impact of PPARγ activation in atherosclerosis, and
  4. genetic background of obesity in human.