眼科学分野 戻る
Department of Ophthalmology
部 門 総合医薬科学部門
講 座 感覚・運動医学講座
ホームページ http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/ganka/



教授 谷原 秀信
tanihara(アットマーク)pearl.ocn.ne.jp
准教授 福島 美紀子
mikikofu(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
助教 高橋 枝里
助教 藤本 智和
特任助教 井上 みゆき
研究テーマ

【研究プロジェクト名および概要】

  Ⅰ. 緑内障視神経障害の分子機構に関する研究
  Ⅱ. 房水流出機構に関する研究
  Ⅲ. 緑内障の新しい薬物療法と手術療法の開発に関する研究
  Ⅳ. 網膜移植再生医療と網膜幹細胞に関する研究
  Ⅴ. 神経回路網形成のメカニズムに関連した研究
  Ⅵ. 新しい硝子体手術の開発に関する研究
  Ⅶ. 黄斑疾患の診断と治療に関する研究
  Ⅷ. 糖尿病網膜症と眼内血管新生に関する研究
  Ⅸ. 家族性アミロイドーシスに関連した視覚障害の手術治療の解析
  Ⅹ. ハンセン病に関連した視覚障害の調査と治療に関する試み
  Ⅺ. 羊膜移植を用いた眼表面の再建に関する研究
  Ⅻ. 難治性潰瘍性角膜疾患の治療に関する研究


[拡 大]
緑内障眼の眼底写真。視神経乳頭冠凹の拡大と乳頭周囲の網脈絡膜萎縮をみとめる。

Fundus photography of glaucomatous eye. It shows enlargement of optic nerve head cup with peripapillary chorioretinal atrophy.

 当分野では、緑内障における関連分子機構の解明や視神経保護治 療薬の開発、網膜再生医療の開発に取り組んでいます。具体的には、緑内障関連分子機構の解明ならびに個々の患者の遺伝的背景に適した治療法の個別化の開発、緑内障視神経障害に応答する神経保護機構に基づく治療開発、網膜移植再生医療に向けた形質転換現象による新しい神経幹細胞樹立を目指しています。また、臨床研究では、緑内障手術成績に対する危険因子の解析を行っています。その他、ハンセン病や家族性アミロイドーシスに関連した眼合併症の治療にも取り組んでいます。

 Main projects in our department are molecular mechanism of glaucoma development, and retinal regeneration therapy. In detail, we are investigating the molecular mechanism in relation to glaucoma development, exploring a suitable therapy for genetic factors of glaucoma patients, developing a new therapy based on the mechanism of neuroprotection on the glaucomatous optic nerve damage and establishing a new neural stem cells for retinal regeneration. Clinically, risk factors for results of glaucoma surgeries are analyzed, and treatments of ocular complications in leprosy and familial amiloidotic poly-neuropathy are also involved.