整形外科学講座 戻る
Department of Orthopaedic Surgery
部 門 総合医薬科学部門
分 野 感覚・運動医学分野
ホームページ http://kumadai-seikei.com/



教授 宮本 健史
講師 唐杉 樹
助教 岡元 信和
助教 佐藤 広生
助教 岡 潔 (大学病院所属)
研究テーマ

【研究プロジェクト名および概要】

  Ⅰ. 神経整形外科に関する研究
  1. 上肢末梢神経損傷が自律神経系に及ぼす影響に関する研究
  2. 頚肩腕症候群の病態と治療に関する研究
  3. 脱出椎間板の自然吸収における初期メカニズムの解明に関する研究
  4. 脊索細胞の動態に関する研究
  5. 脊椎分離巡り症の治療に関する研究
  6. 乳幼児側弯症の治療に関する研究

  Ⅱ. 骨・軟部腫瘍に関する研究
  1. 骨軟部腫瘍におけるMRI拡散強調画像を用いた質的診断法の開発に関する研究
  2. 骨軟部悪性腫瘍における術前化学療法効果判定に関する研究(MRI拡散強調画像による新手法の開発)
  3. 軟部悪性腫瘍における縮小手術の検討に関する研究

  Ⅲ. 関節外科に関する研究
  1. 人工股関節の開発と臨床応用に関する研究
  2. 肩関節疾患の内視鏡下治療に関する研究
  3. 肩関節構成体の解剖に関する研究
  4. 高血糖、高脂血症の関節拘縮に及ぼす影響についての病態解明に関する研究
  5. 前十字靭帯損傷を中心とした膝関節外傷の病態解析と治療に関する研究
  6. 変形性関節症やリウマチ性疾患による関節破壊の病態解析と治療に関する研究
  7. 関節軟骨再生の増殖分化シグナルによる制御機構の解明と臨床応用に関する研究
  8. 骨延長術における骨再生の制御機構の解明と自動延長器の開発ならびに臨床応用に関する研究
  9. モバイル・ベアリング型人工膝関節の生体内運動解析に関する研究

整形外科講座では、安全で効率の良い医療の提供を目標に、運動器疾患の病態解明と新たな診断・治療法の開発をめざした研究を各診療講座で行っています。関節外科では、日本人により適合した人工股関節の開発と臨床応用、深屈曲をめざした人工膝関節の生体内運動解析、変形性関節症における関節破壊の分子メカニズムの解析、MRIによる関節軟骨の質的評価に関する研究、さらに増殖分化シグナルによる再生医療をめざした軟骨・腱分化制御機構の解明などに取り組んでいます。脊椎・脊髄外科では、腰部脊柱管狭窄症における黄色靭帯変性・肥厚の分子メカニズムの解明、PVF spongesによる脊椎スペーサーの開発に関する研究、腫瘍外科では、MRI拡散強調画像を応用した骨軟部腫瘍の質的診断と化学療法効果判定に関する研究などを進めています。

軟骨変性の進行に伴う小胞体ストレスの増強(A)と小胞体ストレス制御(Chop knockout)による軟骨変性の抑制(B).

The up-regulation of ER stress with  progress of cartilage degradation (A) and The inhibition of cartilage degradation by control of ER stress (Chop knockout) (B).

We have several research groups which are independently persisting their own orthopaedic basic projects. Representative research themes of each group are as follows;

1.Joint Group:
  • Development and clinical application of total hip arthroplasty for Japanese people
  • In vivo kinematics of total knee arthroplasty
  • Molecular mechanisms of joint destruction in osteoarthritis
  • Quantitative MR imaging of articular cartilage
  • Growth and differentiation signaling and regulatory mechanisms in cartilage /tendon regeneration
2.Spine Group:
  • Molecular mechanisms of degeneration and hypertrophy of the ligamentum flavum in lumbar spinal canal stenosis
  • Development of the intervertebral disc spacer using PVF sponges
3.Oncology Group:
  • Application of diffusion-weighted MR Imaging to the differential diagnosis and the Evaluation of chemotherapy in musculoskeletal tumors