放射線治療医学講座 戻る
Department of Radiation Oncology
部 門 先端生命医療科学部門
分 野 がん医学分野
ホームページ http://radiatoncol.com



教授 大屋 夏生
n-oya(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
准教授 東家 亮
講師 齋藤 哲雄 (大学病院所属)
助教 河中 功一 (大学病院所属)
kawan37(アットマーク)yahoo.co.jp
助教 松山 知彦
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】

 当講座では、以下のような研究を行っています。

  1. 化学放射線療法
    1. 進行頭頸部癌
    2. 悪性神経膠腫
  2. 高精度放射線治療
    1. 肝細胞癌に対する3次元原体照射
    2. 不正形照射野における線量補正
  3. 画像診断
    1. 脳腫瘍
    2. 頭頸部腫瘍
  4. 遠隔放射線治療支援

放射線治療成績の向上と、有害事象発生率の低下を目的として、以下のような、新規照射技術の臨床応用を研究課題としている。IMRTと定位放射線治療の臨床応用。三次元放射線治療の計画用CTと、MR、PETなどの機能画像の融合による、腫瘍の生物学的特徴
を導入した治療計画。cone beam CTを用いた、画像誘導放射線治療による、セットアップエラーの制御。腫瘍の呼吸性移動のモニターと4-D CTに基づいた治療計画による、照射野の最適化。


A: 肝細胞癌に対する機能画像融合放射線治療
PET/CT image fusion-based radiotherapy for hepatocellular carcinoma
B: 前立腺癌に対する強度変調放射線治療
IMRT for prostatic cancer
C,D: 肺癌に対する定位放射線治療
Stereotacitic radiotherapy for lung cancer

To improve the outcome and decrease the adverse effects in radiotherapy, clinical application of following novel techniques is under investigation: clinical investigation of IMRT and stereotactic radiotherapy; incorporating the biological tumor characteristics into 3-D conformal radiotherapy by MR- and PET/CT image fusion; minimizing the set-up error by the imageguided radiotherapy system using kV-cone beam CT; optimizingirradiation fields by monitoring the respiratory movement with the 4-D CT-based radiotherapy planning system.