放射線診断学講座 戻る
Department of Diagnostic Radiology
部 門 総合医薬科学部門
分 野 生体情報分析医学分野
ホームページ http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/radiology/



准教授 池田 理
osamu-3643ik(アットマーク)do9.enjoy.ne.jp
助教 白石 慎哉
shiraish(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
助教 伊牟田 真功 (大学病院所属)
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. マルチスライスCTによる三次元画像の研究
    1. 冠状動脈のCTによる解析
    2. 移植肝臓の三次元画像による術前評価
    3. Virutual colonography による大腸疾患の研究
  2. コンピューター支援画像診断の研究
    1. 脳動脈瘤のCAD診断
    2. 移植肝臓のcomputer volumetry
    3. CT colonography の CAD診断
    4. 肺結節のCAD診断
    5. 肝腫瘍のCAD診断
  3. MRIによる中枢神経疾患の研究
    1. 痴呆性疾患鑑別における形態学的研究
    2. 病態把握における拡散強調画像の有用性の研究
    3. 高分解能画像を用いた中枢神経微細構造の抽出
  4. 核医学とCT、MRI画像診断との融合画像の研究
    1. PET及びSPECT(骨、リンパ節、腫瘍等)とCTの画像癒合の臨床評価
    2. 脳血流シンチによる痴呆の評価
    3. センチネルリンパ節の研究
  5. CT、MRIにおける造影剤の検討
    1. CTにおけるダイナミックCTの至適投与プログラム化の研究
    2. 組織特異性造影剤の臨床応用
    3. Open MRI の臨床応用
  6. 悪性腫瘍の経カテーテル的治療の研究
    1. 進行口腔内癌に対する放射線の併用超選択的動注療法の研究
    2. 進行膵癌に対するリザーバー動注療法の研究
  7. 悪性腫瘍の経皮的焼却療法の研究
    1. 肝腫瘍に対するMTC、RFAの研究
    2. 肺腫瘍に対するRFAの研究
  8. 消化管内視鏡の臨床的研究
    1. 悪性腫瘍の粘膜切除術の研究
    2. 経内視鏡的超音波の研究
  9. Open MRI の研究
    1. Open MRI による動態機能解析の研究
    2. Open MRI による肝臓の造影の研究
  10. 画像ネットワークの研究
    1. 院内画像ネットワーク、PACSの研究
    2. 遠隔画像診断の研究


[拡 大]
CTによる心臓の動脈の三次元画像
現在の医療において、病気の正確な診断は、患者さんの治療において不可欠であり、放射線診断学は非常に重要な役割を担っています。診断画像にはレントゲン写真のほか造影検査、超音波エコー、CT、MRI、血管造影、内視鏡など様々な検査の画像が含まれます。放射線診断講座ではこれらの検査を専門的に施行し、画像を読影し病気を診断する画像診断学を幅広く研究しています。また核医学ではアイソトープと呼ばれる物質を用いて画像診断を行う領域で、特に最近では機能的な診断目的で行われることが多くなってきています。最近、我々はCTと核医学を融合したシステムを開発し、形態と機能の統合を重点的に研究しています。さらに放射線診断学の仕事の新たな領域として、画像診断を治療に応用した低侵襲治療(interventional radiology) と呼ばれる領域があります。この治療法は手術による治療に比較すると治療中の患者の負担が小さく、治療後の回復も早いという特徴があります。その最先端の研究も積極的に取り組んでいます。

Diagnostic imaging plays an very important role for patients'management. Diagnostic imaging includes various radiological modalities including plain radiography, ultrasound, CT, MRI, angiography and endoscopy. The Department of Diagnostic Radiology at the Kumamoto Univ. Postgraduate School is a highly specialized department which strives to perform clinical and basic studies in every field of diagnostic imaging and minimally invasive image-guided therapy, so called interventional radiology. Kumamoto University is recognized as a world leader in radiological research in the filed of abdominal and neuroradiology. We have recently introduced a unit combining CT and SPECT We are now incorporating functional information on morphologic information derived from CT or MR data.