機能病理学講座 戻る
Department of Pathology and Experimental Medicine
部 門 先端生命医療科学部門
分 野 がん医学分野
ホームページ http://srv02.medic.kumamoto-u.ac.jp/dept/patho1/index.htm



教授 伊藤 隆明
takaito(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
助教 佐藤 陽之輔
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 肺上皮細胞の分化増殖機構の研究
    1. 塩基性 basic helix-loop-helix 因子と Notch シグナル系による分化調節機構の解明
    2. 増殖因子、サイトカイン、低酸素シグナルによる細胞分化、増殖、形態形成の分子機構解析
    3. Semaphorin系の肺疾患における意義についての研究
    4. 肺癌の分子病理学
    5. 核ドメイン構造分子の発生、分化、再生、発癌における変化
  2. 肺および肝などにおける細胞傷害、修復、組織構築改変機構の研究
    1. 肺・肝・腸上皮における組織傷害とapoptosis
    2. 肺線維症形成における上皮細胞分化・増殖機構の意義
    3. 肝線維化機構とシグナル伝達
    4. 組織修復機構と発生機構との接点
  3. 敗血症モデルにおけるサイトカイン/ケモカインの作用と調節機構の解明
    1. Th1/Th2 サイトカインの作用
    2. シグナル伝達因子による免疫応答の調節
    3. ケモカインレセプターによる制御
    4. 実験的間質性肺炎
  4. 急性炎症反応の分子生物学的解明
  5. 各種ヒト疾患の臨床病理学的研究

病理学は、病気の原因と疾患形成メカニズム(病因論)、病気の形態学的な特徴とその臨床的な意義(病理診断)について研究・教育するとともに、医療にも参加する講座です。私たちの病理学研究室では、肺を中心とした上皮細胞やがん細胞の転写因子やシグナル伝達機構を介した細胞分化制御機構、分化と増殖機構の相互作用、形態形成機構やその異常と組織リモデリング機構、上皮組織・間質組織・癌組織などにおける幹細胞の同定と疾患形成における意義などについて明らかにしようとしています。そのために、遺伝子改変マウスを含む実験動物、マウス胎仔組織器官培養、ヒト手術組織やヒト腫瘍培養細胞などを用いて、蛍光顕微鏡や電子顕微鏡を用いた形態学的な観察、flowcytometerによる細胞解析、遺伝子発現・抑制実験による機能解析、RNA-Seq解析、CHIP-Seq解析などを行い多角的に研究し始めています。また、実際の患者よりの病理組織検体を用いての分子生物学的な手法を用いた診断法の開発なども教室の使命と考えています。
  
Cell fate determination of fetal airway epithelium regulated by the basic helix-loop-helix network.
Neuroendocrine phenotypes depend on Mash1. In non-neuroendocrine cells, Hes1, which is activated by Notch signaling, represses mash1 expression and activation, and maintains the cells to be nonneuroendocrine.


Pathology is a science to study disease processes from the points of cause of the disease (etiology), mechanisms of its development (pathogenesis), its morphological changes and the clinical significances of the morphological changes. Thus, pathology is a bridging discipline involving both basic and clinical medical sciences. Our research themes include 1) molecular mechanisms of cell differentiation of epithelial cells (especially lung cells) and cancer cells with focusing on transcriptional regulation and cell signal transduction pathways, 2) molecular mechanisms of modulation of cell differentiation by regulatory molecules for cell proliferation and vice versa, 3) mechanisms of epithelial morphogenesis and pathological tissue regeneration (tissue remodeling) after tissue injury, 4) identification, characterization and pathological significance of epithelial, mesenchymal, and cancer stem cells. For accomplishment of these studies, we have analyzed experimental animals including gene-targeted mice, fetal mouse tissues, cultured tissue and cells including human cancer cells, human tissue obtained at surgery by virtues of various morphological methods including electron microscopy and fluorescent immunohistochmemistry, flowcytometry, functional analyses by gene transfection and/or gene expression inhibition studies, RNA-Seq and CHIP-Seq analyses. Besides studies of basic medical sciences, we are trying to develop easy and reliable diagnostic techniques with combination of classical pathological methods and molecular techniques.