薬剤情報分析学講座 戻る
Department of Clinical Chemistry and Informatics
部 門 総合医薬科学部門
分 野 生体情報分析医学分野
ホームページ http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/Labs/dcci/



教授 入江 徹美
tirie(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
講師 石塚 洋一
y-zuka(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
助教 近藤 悠希
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 病態・生体情報の解析に基づく薬剤投与の最適化に関する研究
    1. 新生児領域における薬物治療の最適化に関する研究
    2. ドキサプラムおよびその代謝物の微量定量法確立と低出生体重児における薬物動態解析
    3. 低出生体重児の無呼吸発作に対するドキサプラムの臨床薬理学的研究
    4. 低出生体重児におけるテオフィリンの代謝変動に関する臨床研究
    5. 新生児におけるフェノバルビタール坐剤の母集団薬物動態解析
    6. 新生児におけるフェノバルビタールの体内動態および有効性評価に関する臨床研究
    7. 在宅医療における患者のQOL向上を目指した薬学的取り組み
    8. 経管栄養患者に対するニフェジピン投与法として簡易懸濁法の有用性に関する検討
    9. 緑内障患者のQOLに影響を及ぼす因子の定量的解析
    10. ネフローゼ症候群患者におけるシクロスポリンの体内動態簡易モニタリング法の確立
    11. ニューキノロン系注射剤の局所刺激性の軽減についての基礎検討
    12. 院内製剤アセトアミノフェン坐剤の吸収性に関する製剤学的研究
    13. 災害時における救急医療に関する薬学的調査研究
  2. 細胞賦活剤の有用性評価に関する研究
    1. 細胞賦活剤としてのホスホエノールピルビン酸の有用性評価
    2. 各種細胞の分化・増殖に及ぼすホスホエノールピルビン酸の影響
    3. 糖尿病性皮膚潰瘍に対するホスホエノールピルビン酸の治癒促進効果に関する研究
    4. 遺伝子改変マウスの精子保存法改良に関する研究
  3. 急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の治療薬開発と病態解明に関する研究
    1. ARDSの動物モデルに及ぼす抗酸化剤の影響
    2. ARDSの動物モデルに対する酸化ストレスの関与
  4. その他
    1. ビタミンC・E誘導体の径皮適用製剤の処方最適化に関する基礎的研究
    2. 生体情報分析・送受信及び個体識別機能を持った生体適合型マイクロセンサー(スマートマイクロチップ)の開発

低出生体重児に頻発する無呼吸発作の治療に、適応のないテオフィリンや新生児に対して禁忌であるドキサプラムが使用されている。我々は、新生児臨床薬理ネットワークの一員として、国内の新生児医療施設と共同で、これら薬物の新生児における母集団薬物動態解析を行い、得られた薬物動態パラメータを用いて、個々の患児に最適な投与設計を構築する臨床研究を行っている。 急性呼吸窮迫症候群(ARDS)は重篤な肺血管透過性亢進型肺障害で死亡率の極めて高い疾患であるが、有効な治療薬がほとんどない。そこで、ARDSの病態モデルとして、オレイン酸誘発肺障害を利用し、ARDSの予防薬あるいは治療薬の開発およびその病態解明を行っている。


低出生体重児におけるテオフイリン投与の最適化による無呼口発作の軽減
Reducedapneicepisodesm low birthweightmfants treatedwiththeoph 1meaccordmgtoanmdividua1 zedprotocol. (*p<0.05vs. standardprotocol)

Theophylline and doxapram are used to treat apnea of prematurity, which occurs frequently to low birth weight infants, although theophylline has no indication and doxapram has a contraindication for the infants. To provide individualized optimal dosage regimens for these drugs, we are conducting clinical studies to elucidate population pharmacokinetics of the drugs in the infants, as a member of the Neonatal Pharmacology Research Network. Acute respiratory distress syndrome (ARDS) is a severe lung disease with pulmonary vascular hyperpermeability, and has a high mortality. However, there is little drug useful for ARDS. Therefore, we are trying to find candidates of drugs for the prevention and treatment of ARDS and to elucidate the pathogenesis of the lung injury, using oleic acid-induced lung injury, which is an animal model of the disease.