血液内科学分野 戻る
Department of Hematology
部 門 総合医薬科学部門
講 座 薬物治療設計学講座
ホームページ http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/ketsueki/



教授 松岡 雅雄
准教授 奥野 豊
yokuno(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp 
助教 松野 直史
助教 菊川 佳敬
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 白血病の病態と治療、造血器腫瘍における遺伝子解析
  2. 悪性リンパ腫および多発性骨髄腫の病態解析と新規治療法の開発
  3. 発作性夜間血色素尿症および関連する造血幹細胞疾患の臨床と研究
  4. 造血幹細胞の分化と増殖及びその臨床応用

 本分野では成人T細胞白血病、リンパ腫・骨髄腫、白血病の研究グループが、次世代シークエンス、分子生物学的手法を用いて、その分子病態を解明し、治療法開発へ応用することを目指して研究を展開している。膠原病に関しては関節リウマチや膠原病の豊富な臨床症例を解析し病態の解明と予後予測因子同定へ応用を目指している。また、ヒトレトロウイルスである、ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症の病態解明を世界最先端のレベルで進め、抗ウイルス薬、免疫療法開発により新規治療法確立を目指している。これまでにHTLV-1ウイルス遺伝子の新たな機能を明らかにし、発がん・炎症の分子機構を明らかにしている。

 


 We focus on studies of the molecular pathogenesis of adult T-cell leukemia (ATL), lymphoma, multiple myeloma, and leukemia, using next-generation sequencing and molecular methods for establishment of novel therapeutics to these diseases. For collagen diseases, we analyze clinical samples, and aim to find out important factors for prognosis of diseases. We are performing the state-of-the-art research on human retroviruses, HTLV-1 and HIV-1, and developing new anti-viral drugs and immunotherapy to these viral infections. We have reported the novel mechanisms how HTLV-1 encoded gene induces leukemogenesis and inflammatory diseases.