血液内科学分野 戻る
Department of Hematology
部 門 総合医薬科学部門
講 座 薬物治療設計学講座
ホームページ http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/ketsueki/



教授 松岡 雅雄
准教授 奥野 豊
yokuno(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp 
助教 松野 直史
助教 菊川 佳敬
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 白血病の病態と治療、造血器腫瘍における遺伝子解析
  2. 悪性リンパ腫および多発性骨髄腫の病態解析と新規治療法の開発
  3. 発作性夜間血色素尿症および関連する造血幹細胞疾患の臨床と研究
  4. 造血幹細胞の分化と増殖及びその臨床応用

本分野では白血病、リンパ腫・骨髄腫、成人T細胞白血病、再生不良性貧血等の難治性貧血、及び発作性夜間血色素尿症の研究グループが造血幹細胞の増殖/分化の研究と造血器腫瘍の発症機構/病態の解析を進めており、最近では特に腫瘍特異的遺伝子異常を標的とした分子標的治療の確立を目指している。また全身性疾患である膠原病の病理発生解明を炎症の側からアプローチしている。他方、AIDSの病原体であるHIVの阻害薬研究とHIVの薬剤耐性発現機序等の基礎的検討を進めているが、最近、新規のプロテアーゼ阻害剤を開発、処方薬として全世界で使用されるようになった。またHIVの侵入門戸であるケモカインレセプターとHIV/ケモカインとの相互作用の理解とその応用のアルゴリズム確立を進めている。
▲CCR阻害剤(aplaviroc)とCCR5の結合部位とそれらの相互作用

▲Darunavir/TMC114とプロテアーゼの結合様式とdarunavirの結合する疎水性ポケット


We have been focusing on the analysis of the proliferation and differentiation of hematopoietic stem cells, particularly on the pathogenesis of hematopoietic tumors such as leukemia, lymphoma, myeloma, and adult T-cell leukemia. Our major goal is to establish new therapeutic modalities targeting specific abnormalities identified in hematopoietic neoplasms. In the research area of rheumatology, we are studying the nature of inflammation seen in systemic autoimmune diseases. We have also been active in the area of AIDS research, in particular, the study and development of novel anti-HIV drugs and the elucidation of the mechanism of HIV drug-resistance. Last year, a novel protease inhibitor, darunavir/TMC114, which we developed, was approved as a prescription drug by the US Food and Drug Administration and has now been used worldwide. One of our recent focuses is on the inhibition of chemokine receptor-mediated cellular entry of HIV, a new modality of intervention of the virus.