製剤設計学講座 戻る
Department of Physical Pharmaceutics
部 門 総合医薬科学部門
分 野 薬物治療設計学分野
ホームページ http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/Labs/seizai/index.html



准教授 本山 敬一
motoyama(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】

 Ⅰ. シクロデキストリン結合体の医薬への応用

  1. シクロデキストリンの生分解特性を利用した新規大腸送達システムの開発
  2. デンドリマー/シクロデキストリン結合体による新規遺伝子導入担体の構築
  3. シクロデキストリン/高分子結合体の新機能の製剤素材としての有効利用
  4. シクロデキストリン/薬物結合体の溶解性変化とその機構解明

 Ⅱ. シクロデキストリン複合体の医療への応用

  1. シクロデキストリンによる固形薬品の結晶多形の相転移挙動の制御
  2. シクロデキストリンによるタンパク質の凝集抑制とその機構解明
  3. シクロデキストリンによる難水溶性薬物の溶解性・バイオアベイラビリティの改善とその機構解明:競合包接、トランスポーター、薬物代謝酵素、脂質マイクロドメインの関与
  4. 中鎖アシル化・高分子化シクロデキストリンの生体付着性および薄膜形成性を利用した経皮および経粘膜適用製剤の開発
  5. シクロデキストリンによる薬物の苦味・局所刺激性の軽減

 Ⅲ. シクロデキストリンと生体膜成分との相互作用に関する研究

  1. シクロデキストリンによるエンドドキシンショックの抑制作用
  2. シクロデキストリンによるアポトーシス誘発とその機構解明
  3. シクロデキストリンの生体膜に対する作用のプロテオミクス解析

 Ⅲ. シクロデキストリン/リポソーム複合担体を用いた薬物体内動態の制御

  1. シクロデキストリン/薬物複合体、シクロデキストリン/薬物結合体含有リポソームによる抗腫瘍効果の増大
  2. シクロデキストリン含有リポソームによる遺伝子導入の改善

分子カプセルとも呼ばれる環状オリゴ糖 Cyclodextrin (CyD) の包接特性を利用して高機能性製剤素材を構築し、Drug Delivery System (DDS) への応用を企図して、下記研究に取り組んでいる。1) デンドリマー/CyD 結合体による遺伝子・siRNA 導入担体の構築、2) CyD を基本素材に用いた標的指向性ナノ粒子の開発、3) CyD polypseudorotaxaneによるPEG化タンパク質の徐放化、4) CyDおよびCyD結合体によるペプチド・タンパク質性薬物の製剤特性の改善、5) CyDおよびCyD/薬物複合体を用いた抗がん剤の開発、6) CyD超分子特性を利用した活性保持型PEG化タンパク質の構築、7) 各種炎症性疾患治療薬としてのスイゼンジノリ由来高分子多糖体サクランの有用性評価
α-CyD/デンドリマー結合体(α-CDE)、ラクトース修飾 α-CDE、PEG化葉酸修飾 α-CDEの構造
Chemical Structures of α-CyD/Dendrimer Conjugate (α-CDE, G3), Lactose-appended α-CDE (Lac-α-CDE, G3) and Folate-appended α-CDE (Fol-PαC, G3)
Cyclodextrins (CyDs) are high-performance drug carriers, because of their ability to control the rate and time profiles of drug release, the ability to enhance the drug absorption across biological barriers, and the ability to deliver a drug to a targeted site. We are currently engaging in the research projects entitle "Design and Evaluation of CyD-based Drug Delivery Systems (DDS)" as follows: 1) Development of DNA and siRNA delivery systems using various dendrimer/CyD conjugates, 2) Development of CyD-based nanoparticles for novel drug targeting system, 3) Development of sustained release system of pegylated proteins using CyD polypseudorotaxane, 4) Improvement of pharmaceutical properties of peptide and protein drugs by CyDs and CyD conjugates, 5) Development of anticancer drug using CyD and CyD/drug complex, 6) Self-assembly PEGylation of protein drugs using a CyD-based supramolecular host?guest interaction, 7) Potential use of ampholytic polysaccharide sacran from the Japanese indigenous cyanobacterium Aphanothece Sacrum for atopic dermatitis therapy.