分子薬化学講座 戻る
Department of Organic Chemistry
部 門 総合医薬科学部門
分 野 創薬科学分野
ホームページ http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/Labs/yakka/index.html



教授 中島 誠
nakajima(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
准教授 杉浦 正晴
msugiura(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 新規有機触媒反応の開発
    1. キラルなN-オキシドの創製とその不斉触媒反応への応用
    2. キラルなオスフィンオキシドの創製とその不斉触媒反応への応用
  2. 高配位ケイ素錯体を利用する不斉触媒反応の開発
  3. 単純複素五員環の不斉機能化を利用した高度不斉制御系の開発
  4. 不斉分子認識化学:キラリティの起源解明と薬学への応用


[拡 大]
医薬品をはじめ、キラルな生物活性物質は100%の光学純度が要求される。不斉合成法は、光学活性化合物を合成するための最も効率的な手法であるが、その触媒としては金属錯体を用いることが一般的である。当研究室では、金属を全く用いない、有機分子触媒(N-オキシド、ホスフィンオキシド等)による高度な立体制御を目指して、新しい概念に基づく新規反応の開発に取り組んでいる。

Biologically active compounds with chiral centers are required to be synthesized in optically pure form. One of the most effective method to prepare optically active compound is asymmetric synthesis, in which chiral catalysts generally consist of center metals and chiral ligands. Our project involves the development of novel asymmetric reactions by use of non-metallic organocatalysts to realize high stereoselectivities