薬物活性学講座 戻る
Department of Chemico-Pharmacological Sciences
部 門 総合医薬科学部門
分 野 創薬科学分野
ホームページ http://square.umin.ac.jp/kmyakuri/



教授

香月 博志
hkatsuki(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
准教授 関 貴弘
助教 倉内 祐樹
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 中枢神経変性疾患の病理形成機序と神経保護薬の作用に関する研究
    1. 中脳黒質ドパミンニューロンの変性機序の解析と神経保護薬の探索
    2. ナルコレプシーに関連する視床下部オレキシンニューロンの変性機序の研究
    3. 出血性脳卒中時のミクログリア依存性組織障害の機序に関する研究
  2. 細胞膜の低分子無極性物質の透過性調節に関する研究
    1. 肺上皮細胞におけるウォーターチャネルの発現調節に関する研究
    2. ウォーターチャネルの機能調節に関する研究
    3. ウォーターチャネルを介したガス分子輸送機構に関する研究
  3. 肺胞上皮細胞の分化および機能調節に関する研究
    1. 肺胞上皮細胞特異的遺伝子の発現制御に関する研究
  4. 気道粘液の機能および産生制御に関する研究
    1. 気道粘液MUC1の産生・分泌調節に関する研究
    2. 気道粘液MUC1による自然免疫調節機構に関する研究
    3. 気道粘液MUC1の新規生理機能に関する研究
  5. 漢方薬および天然物の分子薬理
    1. 漢方薬および天然物成分による呼吸器疾患治療に関する研究
    2. 天然物成分によるステロイドホルモン様作用に関する研究



[拡 大]

私たちは薬理学の視点に基づき、主として中枢神経系の疾患に関する研究を展開しています。ナルコレプシーの主病変である視床下部オレキシンニューロンの選択的変性が生じる機序については、培養脳組織切片や遺伝子改変マウス等を用いて細胞・分子レベルでの解明を進めています。脳出血に伴う脳組織傷害については、主に全身動物の病態モデルを用いてその病理形成機序や運動機能障害との関係を明らかにするとともに、新規治療薬の標的となりうる候補分子の探索や治療薬候補化合物の作用機序解析を行っています。さらにパーキンソン病や脊髄小脳変性症と関連して、特定の神経細胞群の変性を誘導・抑制する分子群の機能解析や、レチノイドをはじめとする神経保護性低分子量化合物の作用解析なども進めています。

We are conducting research on the diseases of the central nervous system based on pharmacological approaches. For example, we are analyzing the mechanisms of selective degeneration of hypothalamic orexin neurons, a key pathological feature of narcolepsy, at cellular/molecular level using brain tissue cultures and gene-targeted mice. Brain tissue damage associated with intracerebral hemorrhage in vivo is another focus of our research, and the topics include pathogenic mechanisms, relationship with motor dysfunctions, search for molecules potentially targeted by drugs, and the mechanisms of drug actions. Moreover, mechanisms of the actions of neuroprotective compounds such as retinoids, as well as the molecular mechanisms involved in degeneration of specific cell populations, are also pursued with relation to Parkinson disease and spinocerebellar ataxia.