免疫学講座 戻る
Department of Immunology
部 門 先端生命医療科学部門
分 野 感染・免疫学分野
ホームページ http://www.immunology-kumamoto.com/



教授 押海 裕之
講師 粟井 博丈
助教 幸脇 貴久
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. ウイルス感染に対する自然免疫応答の基礎研究
  2. ウイルス感染症に対するワクチンの開発研究と、ワクチン投与後に副作用が生じるメカニズムの解明
  3. 自然免疫応答と生活習慣病の関連の研究

 花粉症、ワクチン、アレルギーなどは、日常の生活でよく耳にする言葉ですが、これらはすべて免疫応答が関わっています。免疫学講座では免疫のメカニズムの研究や、免疫が関連する疾患についての研究をしています。ワクチンの研究では、ワクチン投与後に副反応が生じるメカニズムを解明することで、副反応の抑制やそれを回避する技術の確立を目指しています。このような技術が確立できれば、副反応が問題となっているワクチンを安全に安心して接種できるようになると期待されます。がん免疫療法の研究では老化による免疫低下と癌免疫応答との関連を研究することで新たな癌免疫療法の開発を行っています。免疫の基礎研究では、ウイルスに感染した時の免疫応答について、その分子機構の研究をしていますが、これまでに免疫応答に関与する新たな分子を同定し、その遺伝子改変マウスを作成し解析することで、新たな免疫応答機構を発見してきました。この他にも、最近注目されている細胞外小胞(エクソソーム・エキソソーム)が、免疫応答にどのように関与しているのかの研究もしています。

 

Our immune system is essential for protecting ourselves from pathogens. On the other hand, our immune system sometimes hurts our selves and causes diseases, such as autoimmune disorder and allergy. In our laboratory, we are conducting basic research in the immune system and also conducting the research to develop new vaccines and drugs for infectious diseases and immune-related diseases. In the basic research, we have identified new molecules involved in antiviral immune responses and have investigated their roles and functions using knockout mice. In the research for development, we identified new biomarkers that predict the adverse reaction after vaccination. Recently, we are focusing on the role of extracellular vesicles in the immune system and immune-related diseases.