免疫識別学講座 戻る
Department of Immunogenetics
部 門 先端生命医療科学部門
分 野 がん医学分野
ホームページ http://www.immgenet.jp/



講師 入江 厚
airie(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. ES細胞により分化誘導した樹状細胞(ES-DC)を用いた樹状細胞(DC)に発現する遺伝子の機能解析、ならびに免疫調節作用を有する遺伝子導入ES-DCの開発に関する基礎研究
  2. T細胞レセプターを介したヒトCD4+Th細胞の活性化に関するシグナル伝達機構の解析(プロテオームおよびメタボローム解析の導入)
  3. cDNA マイクロアレイ解析SEREX法により同定した腫瘍特異抗原の、悪性腫瘍の診断ならびに免疫療法への応用
  4. SARSウイスル抗原特異的T細胞が認識するT細胞エピトープの解析


[拡 大]
 ヒト主要組織適合抗原であるHLAの免疫応答における役割について、基礎ならびに応用研究を行っている。HLA分子は細胞の表面に発現している膜蛋白質で、細胞の内や外に微生物などの異物が侵入してきた際に、異物の分解産物を結合してT細胞に異物の存在を知らせ、これを排除するような免疫応答を開始させる働きをもっている。主な研究テーマを以下にあげる。

1)腫瘍特異抗原の同定と抗腫瘍免疫の基礎および応用研究、2) 遺伝子改変胚性幹(ES)細胞およびiPS細胞より分化誘導した樹状細胞を用いた、基礎ならびに応用免疫学研究、3) T細胞に対する担がん個体の免疫抑制機構に関する研究
 We are investigating basic and applied immunological studies of human histocompatibility leukocyte antigen (HLA). HLA molecules are expressed on the cell surface, and T lymphocytes recognize antigenic peptides in the context of HLA molecules through recognition by T cell receptor. Subsequently Tlymphocytes are activated to kill infected or tumor cells, or produce cytokines to activate other cells to remove antigens.Recent objectives of our researches are as follows. 1)Identification of immunogenic tumor -specific antigens, and basic and applied researches of tumor immunity, 2) Basic and applied immunological researches of dendritic cells differentiated in vitro from mouse, monkey, and human embryonic stem cells, and iPS cells, 3) Analyses of inhibitory mechanism(s) for T cells in tumor-bearing hosts.