分子酵素化学講座 戻る
Department of Molecular Enzymology
部 門 総合医薬科学部門
分 野 代謝・循環医学分野
ホームページ https://www.moroishi-lab.com/



准教授 諸石 寿朗
moroishi(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
助教 山内 隆好
研究テーマ

【研究プロジェクト名および概要】
 (諸石グループ)
 T. がん免疫の成立機序
 U. Hippo細胞内シグナルによる組織恒常性の維持
 V. ユビキチン化による鉄代謝制御


 分子酵素化学講座では二つの研究プロジェクトを進めている。 第一の研究テーマでは、がん・免疫・代謝をキーワードとしてからだの恒常性を維持する仕組みを理解することを目指す。これまでの研究においては、鉄代謝におけるユビキチンネットワーク [Cell Metab. (2011), J. Biol. Chem. (2014), Mol. Cell. Biol (2017), Nat. Commun. (2017)] やHippo細胞内シグナル伝達経路の制御機構 [Cell (2015), Genes Dev. (2015), Nat. Commun. (2015), PNAS (2017), Nat. Cell Biol. (2017), Cancer Cell (2017)] および細胞外小胞を介した免疫応答の制御機構 [Cell (2016)] などを明らかにしてきた。これらの基礎医学研究によって得られた知見をもとに、革新的治療法の開発を目指している。
 第二のテーマは補酵素依存性の酸化還元酵素で、その反応機構を立体構造解析、分光学的手法により解明し、量子化学的理論によって電子論的に理解することを目指す。対象とする酵素は、ビタミンB2誘導体(FAD)を補酵素とするアシルCoA脱水素酵素、アシルCoA酸化酵素、D-アミノ酸酸化酵素である。酸化酵素においては、活性酸素の発生と関連して生理的に重要な課題であり、実験的、理論的に解析を行いたい。

We investigate two independent research projects in this department. The first project aims to understand the molecular mechanisms regulating tissue homeostasis. The three keywords for our research are cancer, immunity, and metabolism. We previously revealed 1) an ubiquitin network involving the regulation of mammalian iron metabolism [Cell Metab. (2011), J. Biol. Chem. (2014), Mol. Cell. Biol (2017), Nat. Commun. (2017)], 2) regulatory mechanisms of the Hippo intracellular pathway [Cell (2015), Genes Dev. (2015), Nat. Commun. (2015), PNAS (2017), Nat. Cell Biol. (2017), Cancer Cell (2017)], and 3) involvement of extracellular vesicles in the induction of host anti-cancer immunity [Cell (2016)]. The goal of our research is to understand a physiological mechanism preventing cancer, and to provide scientific basis for drug discovery.
The second subject is the reaction mechanisms of coenzyme-dependent redox enzymes, which are investigated on the basis of crystal structural and various spectroscopic techniques. The mechanisms proposed are elucidated theoretically by molecular orbital calculations. The enzymes are those with vitamin-B2-related coenzyme (FAD), i.e., acyl-CoA dehydrogenase, acyl-CoA oxidase and D-amino acid oxidase. In the case of the oxidases, the control mechanisms with oxygen are also investigated with reference to their physiological significance.