神経分化学分野 戻る
Department of Developmental Neurobiology
部 門 先端生命医療科学部門
講 座 脳・神経科学講座
ホームページ http://srv02.medic.kumamoto-u.ac.jp/dept/devneuro/



准教授 太田 訓正
ohta9203(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. シグナル分子Tsukushiに関する研究
    1. Tsukushiの脳神経幹細胞制御における機能解析
    2. Tsukushiの体節形成における解析

  2. シグナル分子Akhirinに関する研究
    1. Akhirinの脊髄神経幹細胞制御における機能解析
    2. Akhirinの脳神経幹細胞制御における機能解析

  3. 脊髄パターン形成におけるカドヘリンー7に関する研究

  4. バクテリアによる細胞のリプログラミング機構の研究
脳は多様な神経細胞集団が極めて複雑なネットワークを形成して機能している。この複雑な脳も発生過程では、個々の細胞が一歩一歩細胞間相互作用を積み重ねることにより形成される。このような細胞間相互作用を介在する分泌型タンパクや膜表面タンパクを探索スクリーニングし、Tsukushi、Akhirinと名付けたシグナル分子を発見した。神経分化学分野では中枢神経系の幹細胞制御機構に焦点を当てた研究を行っている。また、ヒト皮膚細胞が乳酸菌を取り込むと多能性を獲得することを見出しており、この分子メカニズムも研究している。

図1[拡大]
図2[拡大]
1)私たちは、Tsukushi (TSK)と名付けた分泌型タンパク質のマウス脳における機能解析を行っている。TSK KOマウスでは、側脳室が拡張し、水頭症様の表現型を示すことから、神経幹細胞ニッチ制御の乱れが、その原因と考えられる。また、原因不明の水頭症患者が、変異型TSKタンパク質を産生することも明らかになった。ニッチ分子であるTSKによる、脳神経幹細胞制御と水頭症発症の連関を研究している。
2)ヒト皮膚細胞が乳酸菌を取り込むことにより、リプログラミングが誘導され、多能性を獲得することを報告した(Ohta et al., 2012)。その後、乳酸菌由来のリプログラミング分子実体がリボソームであることを発見した(Ito et al., 2018)。多能性細胞の創造におけるリボソームと細胞の相互作用について研究している。



1) We found a novel secreted molecule, named Tsukushi (TSK), which belongs to SLRP family. TSK inhibits Wnt signaling and functions to maintain adult neural stem/progenitor cells. TSK is expressed at the bulge area and regulates the hair cycle by interacting TGF-β. Now, we study the role of TSK on brain stem cells using TSK KO mice with cre-loxp system. We propose that TSK functions as a niche molecule to control stem cells proliferation.
2) Previously, we generated the multipotent cells by incorporating Lactic Acid Bacteria (LAB) into human dermal fibroblasts (Ohta et al., 2012). Recently, we found the reprogramming material derived from LAB is ribosome (Ito et al., 2018). We study the potential wide-ranging implications of our multipotent cells for cell generation, reprogramming, and cell-based therapy.