脳回路構造学分野 戻る
Department of Morphological Neural Science
部 門 先端生命医療科学部門
講 座 脳・神経科学講座
ホームページ http://srv02.medic.kumamoto-u.ac.jp/dept/morneuro/



教授 玉巻 伸章
tamamaki(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
助教 江角 重行
esumi(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
助教 冨岡 良平
助教 那須 信
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 大脳皮質GABA作動性神経細胞の産生及び分化
    その多様性を生み出す分子メカニズム
  2. 大脳皮質興奮性神経細胞の産生
  3. 大脳皮質構成神経細胞数の比率を調節する分子メカニズム
  4. 投射型大脳皮質GABA作動性神経細胞の働き
  5. 中脳網様態に関する研究
    アセチルコリンの視覚機構への関わり

[拡 大]
組替えウイルスをEmx1-Cre knock-inマウスに感染させて染色した、PV陽性大脳皮質抑制性神経細胞のペア。
a:A pair of neocortical GABAergic neurons revealed by GFP expression.
b:Both of the GFP-labeled GABAergic neurons were positive for parvalbumin (red).
人の大脳皮質は、記憶、情動、思考、行動の中枢である。人は、そのような脳の構造や機能を人工的に模倣することはできていない。同様に、Ramon y Cajalが残した「中枢神経系は再生しない」という言葉にあるように、人は、外傷、虚血、脳出血で生じた脳障害を治療することはできていない。しかし、最近、一部の神経病理学者は、脳虚血後に脳の表面の軟髄膜に神経前駆細胞が現れることを報告している。その前駆細胞の起源や性質は不明なままであった。その様な中、私たちは、扁桃体の電気刺激で癲癇様発作を起こすと、軟髄膜に神経幹細胞マーカーのNestinが発現されることを発見した。そして更に電気刺激を繰り返すと、軟髄膜の神経前駆細胞は、大脳新皮質の抑制性神経細胞や錐体細胞に分化することが分かった。この発見は、私たちに傷害を受けた中枢神経系の再生法をもたらすものである。本分野では総力を挙げて、中枢神経系の治療法創出のための研究を進めている。
Human brain is the most sophisticated organ that regulates our mind and behavior. We still have no way to mimic its structure and functions. Moreover, we have no way to repair our brain after traumatic damage, ischemia, or cerebral hemorrhage, as predicted by Ramon y Cajal. Recently, several pathologists have found that neural progenitor cells can be induced in the leptomeninges (the pia mater and the arachnoid membrane) following ischemic stroke. The origin, identity, and subtypes of the ischemic-induced neural progenitor cells were unclear. However, we found that amygdala kindling causes phenomena similar to that after epileptic seizures in the brain. While we repeated the kindling formation, the nestin-positive cells in the leptomeninges matured and tuned into the inhibitory neurons and pyramidal neurons in the neocortex. This finding will bring us the therapeutic treatment of our brain.