脳神経外科学講座 戻る
Department of Neurosurgery
部 門 先端生命医療科学部門
分 野 脳・神経科学分野
ホームページ https://kumadai-neurosurgery.com/



教授 武笠 晃丈
准教授 浜崎 禎
助教 黒田 順一郎
助教 大田 和貴
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 脳腫瘍の病態と治療に関する研究
    1. グリオーマの病態と新しい治療法の確立
    2. 脳腫瘍の疫学
    3. 脳腫瘍の分子生物学的特性の解明
  2. 大脳基底核疾患の病態の解明と治療
    1. 大脳基底核神経回路網形成機構の解明
    2. 脳深部刺激装置を用いた大脳基底核疾患の治療
  3. 脳血管障害疾患の病態と治療
    1. 熊本県全体を対象とした脳血管障害の疫学的研究
    2. 血管内治療における塞栓物質とその治療法の開発
    3. 脳虚血における神経細胞死のメカニズムとその治療法の開発
  4. 視床下部・脳下垂体疾患の病態と治療に関する研究
  5. てんかん脳の病態・機能解析


[拡 大]
砂ネズミのCA1領域におけるSTEPとGFAP抗体の2重免疫染色
Double immunofluorescent staining in the gerbil
CA1 subfield with antibodies against STEP and GFAP.
我々のモットーは「今日の患者さんに最善をつくし、明日の患者さんのための研究を怠らない」ということである。臨床研究では、安全かつ、正確な手術方法を模索している。また、脳血管内手術、脳腫瘍手術、ナビゲーションシステム、神経内視鏡、定位放射線治療等の最新の治療法に関しても、教育関連病院との密接な連携により早期に導入を行っており、各症例に応じて最良の治療法を選択できる体制になっている。特に、脳血管障害や、神経膠腫、脳下垂体腫瘍に関しては多くの症例を治療している。基礎研究分野では、脳血管障害、脳腫瘍、小児脳神経外科、機能的脳神経外科、脳血管内治療の5つのグループに分かれて研究を行っている。

 Our fundamental policy is "do the best efforts for the today's patients and research for the tomorrow's patients." Clinically, we are searching for safer and more precise surgery. We are also eager to introduce such new treatment modalities other than microsurgery such as endovascular surgery, navigation system, neuroendoscope, and stereotactic radiosurgery in close relationship with affiliated hospital. This enables us to choose best single or combined treatment modalities in each patients. We have a large series of patients with cerebrovascular disease, glioma and pituitary tumors. In the research fields, we have five groups; cerebrovascular, brain tumor, pediatric neurosurgery, functional neurosurgery, and endovascular surgery groups.