腫瘍医学分野 戻る
Department of Tumor Genetics and Biology
部 門 先端生命医療科学部門
講 座 がん医学講座
ホームページ http://srv02.medic.kumamoto-u.ac.jp/dept/tumor/index.html



准教授 荒木 令江
nori(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
特任助教 小林 大樹
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. がん幹細胞の自己複製、分化、アポトーシス、転移に関わる細胞内分子群の解明
  2. 融合プロテオミクスによる腫瘍抑制/促進分子群の構造と機能制御に関する研究
  3. がんに関連するタンパク質の翻訳後修飾および選択的分解機構に関する研究
  4. 抗がん剤耐性に関わる細胞内分子メカニズムに関する研究
  5. 疾患ゲノム・トランスクリプトーム・プロテオームの総合的解析方法論の開発
  6. プロテオミクスを基盤とした病態システムバイオロジー教育研究拠点の構築
    (熊本大学拠点Bプロジェクト)

私たちの教室では、日本で最も死亡率の高い疾患であるがん/腫瘍に関して、その発生・進展や転移、薬剤耐性機構等の複雑な分子メカニズム解明のため、がん研究の歴史的背景と基礎的な概念をふまえた最先端の腫瘍医学研究を展開しています。特に当教室で開発した国際レベルのプロテオミクス技術を駆使し、臨床サンプルより分子生化学、細胞生物学、バイオインフォマティクスを融合させて得られた基礎情報から、細胞や動物を用いた病態モデルへの応用など、システマティックな研究方法論はユニークなものとして注目されています。主に、がん幹細胞、神経系腫瘍細胞を中心とした各種腫瘍の細胞増殖、分化、細胞死に関わる分子シグナルの破綻メカニズムの解明と、オーダーメイド医療への応用を目標に、関連する分子群の総合的な解析を進めています。スタッフの専門分野は、腫瘍生物学、生化学、分子生物学、蛋白質化学、口腔外科学、脳神経外科学、細胞生物学、農芸化学、薬学と多彩で、腫瘍医学研究に常に最先端の多角的アプローチで挑戦しています。私たちは、腫瘍の発生や進展のメカニズムを解明し、基礎腫瘍医学で得られた知識が単なる知識にとどまらず、最終的には臨床面に貢献しうるものになることを目指しております。
融合プロテオミクスによる癌特異的分子の統合的解析ストラテジー
悪性脳腫瘍幹細胞の解析の例:2種類のプロテオミクスとDNAアレイ解析によって差異のあるすべての分子群を同定後、コンピュータシミュレーションにより重要候補分子群を抽出し、生物学的検証実験の後、臨床マーカーや治療ターゲット、予防・創薬のための基礎情報として応用する。戸田/荒木編集「疾患プロテオミクスの最前線、プロテオミクスで病気をなおせるか?」遺伝子医学2005、全396頁

An integrated proteomic strategy for cancer research. MRI image of Glioma and Glioma Stem Cells are shown as examples to be analyzed with this system. All the differential data are combined together, and the specific molecules are extracted to find out their functions to focus on. All of these data are stored in Kumamoto University Proteomics Database, as a reference for important basic information to be utilized as clinically applicable tools.

In our laboratory, many students are able to get an education in the forefront of cancer research based on molecular cellular biology. We are studying specific cancer cellular mechanisms, such as cell cycle, differentiation, and apoptosis, with unique integrated strategies of systems biology combined with genomics, transcriptomics, proteomics, and metabolomics. Specifically, the systematic proteomics uniquely established in our laboratory is now widely recognized as world-class. Using these advanced techniques and strategies, we are currently focusing on the study of molecular mechanisms of stem cell-like cancer cells and related cellular signal networks to find specific medical targets. Each of our staff is advancing cancer research with a different approach based on his/her specialty, such as cellular biology, biochemistry, molecular biology, protein chemistry, oral surgery, neurosurgery, and pharmacology. The fusndamental objective of our research is to understand the mechanisms of the development and progression of cancer and to make a contribution to clinical medicine.