心臓血管外科学講座 戻る
Department of Cardiovascular Surgery
部 門 先端生命医療科学部門
分 野 成育再建・移植医学分野
ホームページ http://kumamoto-cvs.com/



教授 福井 寿啓
講師 岡本 健
助教 田爪 宏和
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 血管新生に関する基礎および臨床的研究
    1. 線維芽細胞増殖因子(bFGF)を用いた冠血管新生療法の臨床的研究
    2. 徐放性bFGFを用いた冠血管新生に関する基礎的研究
    3. 下肢虚血モデルにおけるエリスロポエチンの血管新生効果に関する研究
    4. 心筋虚血モデルにおける骨髄細胞および各種血管新生因子の効果に関する研究
  2. 心拍動下冠動脈バイパス術に関する臨床的研究
  3. 低侵襲体外循環に関する研究
  4. ステントグラフトを用いた動脈疾患の外科治療の研究
    1. 胸部大動脈瘤に対するステントグラフトを用いた外科治療
    2. 胸部大動脈瘤に対するステントグラフトを用いた血管内治療
  5. ポリマーを用いたDDSの基礎的研究

虚血性心疾患に対する再生医療を研究しています。塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF)が血管新生を促進させるというイヌ心筋梗塞モデルの研究成果をもとに、bFGFを用いた冠血管新生療法の臨床試験を行っています。2002年以来18例に施行し、側副血行の発達や心筋灌流の改善を14例に認めています。さらに、自己肝組織と大網移植を組み合わせた新しい再生医療を研究しています。また、動脈硬化性疾患の分子機構を明らかにし臨床応用につなげる研究として、慢性炎症の鍵因子であるAngiopoietin-like protein 2(ANGPTL2)の大動脈瘤病態における働きについて検討しています(分子遺伝学講座との共同研究)。

移植肝組織(H)と大網(O)からの血管新生因子の産生
Angiogenic growth factors expressed in implanted hepatic tissue

ヒト動脈瘤における部位別のANGPTL2および炎症性サイトカイン遺伝子発現
ANGPTL2 expression in aneurysmal lesion of AAA patients.

We investigate the regenerative therapy for ischemic heart disease. Based on our preclinical study, we performed a clinical trial of angiogenic therapy using bFGF protein for patients with severe coronary artery disease. Since 2002, 18 patients received angiogenic therapy without any adverse effects; 14 showed an increase in collateral blood flow and myocardial perfusion. We investigate a new regenerative therapy using hepatic tissue implantation plus omental wrapping, which stimulates angiogenesis, attenuates left ventricular remodeling and improves cardiac function. In order to elucidate the mechanisms of atherosclerotic vascular disease, we investigate the molecular mechanisms of abdominal aortic aneurysm formation and regulation of Angiopoietin-like protein 2 (ANGPTL2).