Home > 熊本大学大学院生命科学研究部 > 研究講座一覧 > 乳腺・内分泌外科学講座
乳腺・内分泌外科学講座 戻る
Department of Breast and Endocrine Surgery
部 門 先端生命医療科学部門
分 野 がん医学分野
ホームページ http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/breast/



准教授 山本 豊
助教 末田 愛子
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 乳癌のホルモン依存性増殖機構の解明
    1. マイクロアレイを用いたホルモン依存性癌の分別法の研究
    2. ER転写共役因子とホルモン依存性の研究
    3. 膜型ERを介した細胞内シグナル伝達の研究
  2. 非浸潤性乳管癌および微小浸潤癌の診断と治療
    1. 持続吸引針生検による微小癌の診断
    2. 乳管内癌および微小浸潤癌の生物学的および悪性度の特徴
  3. 新規癌抑制遺伝子ATBF1の乳癌における発現低下のメカニズム解析
  4. 乳癌個別化治療のための分子マーカーの検索
  5. 乳癌治療における薬物代謝酵素の遺伝子多型に関する検討
  6. 乳癌におけるセンチネルリンパ生検の臨床応用
  7. 甲状腺癌の生物学的特徴の解析


[拡 大]
術前ホルモン療法とホルモン受容体発現
Neo-adjuvant endocrine therapy and hormone receptors
 本講座では乳癌、甲状腺癌における外科的臨床腫瘍学としての臨床的、基礎的研究を行っている。臨床面ではセンチネルリンパ節生検により腋窩リンパ節郭清省略をすでに臨床応用している。研究面では、乳癌におけるエストロゲン受容体を介するホルモン依存性増殖機構の解明(ER転写共役因子、膜型ERについて)や非浸潤癌および微小浸潤癌の診断と治療(画像ガイド下吸引生検装置の活用、生物学的悪性度の評価について)などに焦点を当てている。さらに、積極的に治験や臨床試験に参画し、腫瘍血管新生や低酸素誘導物質に関する因子を解析することなどトランスレーショナルな研究も行っている。

Clinical and experimental researches as a surgical oncology in breast and thyroid cancer are conducted in our laboratory. Clinically, we have developed sentinel lymph node biopsy system to avoid the worthless axillary lymph node dissection. Experimentally, we focus on the mechanism analysis of hormone dependent growth via estrogen receptor (ER), including the relationship between hormone responsiveness and ER cofactors or plasma membrane ER. We are also interested in the characteristics of the early breast cancer such as non- or minimum-invasive cancer, including the diagnosis using vacuum-assisted tissue biopsy system and the biological analysis of their characteristics. Furthermore, we positively participate or design the randomized controlled trials for breast cancer treatment and take part in translational research, including the angiogenesis or tissue-hypoxia in breast cancer tissues, and so on.