麻酔科学講座 戻る
Department of Anesthesiology
部 門 先端生命医療科学部門
分 野 成育再建・移植医学分野
ホームページ http://www.kuma-ma.com/



教授 山本 達郎
yamyam(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
准教授 杉田 道子
助教 成松 紀子
助教 野中 崇広
特任助教 水本 輝彦
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 膜型人工肺による呼吸循環不全患者救命、脳蘇生の研究
    新しい呼吸循環管理法として、膜型人工肺によるガス交換補助の安全化、実用化。
    体外循環による脳蘇生の効率化。
  2. 諸薬物の影響下における中枢・末梢・自律神経,筋活動の検討
    侵害刺激に対応する生体反応機序の解明
  3. 虚血性脳障害の機序、脳保護因子の解明の研究
    細胞・分子レベルでの虚血後脳症の修復課程の解明。
  4. 急性・慢性疼痛に対する鎮痛対策の研究
  5. 人工臓器・人工血液・循環血液量測定に関する研究

麻酔科学講座は、臨床では手術室での麻酔を行うとともに緩和医療を担当している。麻酔は当初、手術時の痛みの解放を目指して始まった。痛みは麻酔科の主要な研究講座であり、この点から発展してがん患者の痛みの治療、さらに緩和医療も行うようになった。痛みは、熊本大学麻酔科学講座の主要な研究講座である。痛みの基礎研究の目標は、現在でも治療法が確立されていない難治痛である神経障害痛に対する新たな薬物療法の確立である。多くの神経障害痛モデルを用いて、最近発見されたGタンパク共役型受容体であるGPR7、GPR103などをターゲットとして研究を進めている。さらにグルタミン酸関連ペプチドであるN-acetyl-aspartyl-glutamate (NAAG)に関連した痛みの研究は、米国George Town大学と共同で進めている。痛み以外に手術中の生体機能の維持も研究テーマとしている。重症心肺不全治療、脳蘇生法における膜型人工肺に関する基礎研究を行っている。さらに、自律神経反射、筋弛緩薬、麻酔深度モニターなどに関する臨床研究も積極的に行っている。
ステレオ手術にて留置したカテーテルを用いてperiaqueductal gray (PAG), Locus coeruleus (LC), Rostroventral medulla (RVM)等にGPR7, GPR103のリガンド、NAAG peptidase inhibitorを投与し、鎮痛効果を検討している。
ステレオ手術時の写真。

Stereotactically introduced cannula into rat PAG. We administer drugs into PAG, LC and RVM with stereotactic technique.

Anesthesiology is originally the scientific field that sought for the anesthetics of pain relief during the surgery. Main theme of our department is pain, especially the development of new therapeutic strategy for the neuropathic pain. We examinie the effects of many drugs such as the newly discovered ligands for orphan G-protein coupled receptors, such as GPR7, GPR103, and N-acetyl-aspartyl-glutamate (NAAG) peptidase inhibitor on animal neuropathic pain models. In the clinical study, we target on the development of new strategy of amelioration of postoperative pain and neuropathic pain. We are also clinically investigating the role of central, peripheral and autonomic nervous system on protection from surgical invasion.