Home > 熊本大学大学院生命科学研究部 > 研究分野一覧 > 遺伝子機能応用学分野
遺伝子機能応用学分野 戻る
Department of Molecular Medicine
部 門 先端生命医療科学部門
講 座 分子機能薬学講座
ホームページ http://molmed730.org/



教授 甲斐 広文
hirokai(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
准教授 首藤 剛
tshuto(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
助教 SUICO MARY ANN SOTEN
mann(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 上皮細胞における膜蛋白質の細胞内トラフィック機構の解明および遺伝性蛋白質フォールディング異常症の治療法の開発
    1. 嚢胞性線維症原因遺伝子の細胞内トラフィック機構における分子シャペロンの役割
    2. 家族性アミロイドポリニューロパチーに対する創薬研究
    3. ガン温熱療法センシタイザーに関する創薬研究
  2. 上皮細胞におけるETS転写制御因子の機能解明
    1. MEFの機能解析
    2. 遺伝子医薬を用いた難治性上皮癌の治療法の開発
  3. 上皮細胞における自然免疫機構の解明および難治性感染症の治療法の開発
    1. 感染防御因子の発現調節機構の解明
    2. 上皮細胞におけるToll-like receptorの機能解析
  4. パルス電流を応用した新規医療機器の開発

現在、私たちは上皮細胞と難治性疾患治療をキーワードにした以下の多様な研究を行っています。
  1. 上皮細胞における膜蛋白質の細胞内トラフィック機構の解明および遺伝性蛋白質フォールディング異常症の治療法の開発。

  2. 上皮細胞におけるETS転写制御因子の機能解明および難治性上皮癌の治療法の開発。

  3. 上皮細胞における自然免疫機構の解明および難治性感染症の治療法の開発。

  4. 新規ハイパーサーミア法の開発。

We are currently investigating the molecular mechanisms of diseases such as cystic fibrosis, amyloidosis and cancer. Our main goal is to elucidate the factors involved in these diseases which could ultimately provide useful information to develop therapy. Specifically, we study
  1. the trafficking of CFTR and the role of the ER chaperones in the processing of CFTR,

  2. the roles of Toll-like receptors in the pathogenesis of cystic fibrosis,

  3. MEF, a member of the ETS transcription factor family, which is located in the chromosome Xq26.1, may be a candidate tumor suppressor gene in the X chromosome,

  4. hyperthermia sensitizers,

  5. the effects of metal ions on the stability of TTR, a protein whose variant causes familial amyloidotic polyneuropathy.