Home > 熊本大学大学院生命科学研究部 > 研究講座一覧 > 機能分子構造解析学講座
機能分子構造解析学講座 戻る
Department of Structural Biology
部 門 先端生命医療科学部門
分 野 分子機能薬学分野
ホームページ http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/Labs/sb/index.html



教授 山縣 ゆり子
yamagata(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
准教授 池水 信二
ikemizu(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
准教授 中村 照也(大学院先導機構所属)
tnaka(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 核酸に関わる蛋白質の構造生物学的研究
  2. 免疫系細胞表面受容体及び基質蛋白質の構造生物学的研究
  3. シグナル伝達蛋白質の構造生物的研究
  4. 創薬の基盤としての構造生物学研究


[拡 大]
生命現象は生体分子間や生体分子と生理活性分子間の相互作用や生体内反応が基本となっている。本研究講座は蛋白質をはじめとする生体高分子の立体構造に基づき、生体内相互作用や反応を原子レベルで調べ、生命の仕組みの本質を明らかにすること並びに創薬への応用を目的としている。蛋白質の立体構造決定には、最適な手法であるX線結晶構造解析法を用いている。研究対象としているのは、DNA、RNA、ヌクレオチドに関わる蛋白質、免疫応答に関わる蛋白質、情報伝達に関わる蛋白質である。これまで数多くの蛋白質の立体構造を決定し、それらの働く仕組みを原子レベルで解明するとともに創薬への基礎的知見を得ている。代表的なものを図に示す。

Our research purpose is to understand the biological process based on the three-dimensional structures of biomacromolecules. We determine their structures by X-ray crystallography, which is the most powerful method to solve the structures. Our targets are the proteins related DNA, RNA and nucleotides, immunological system and signal transduction. Up to date, we have determined many protein structures as shown in figures and understood the structural basis of protein function.