生命分析化学講座 戻る
Department of Analytical and Biophysical Chemistry
部 門 環境社会医学部門
分 野 環境分析科学分野
ホームページ http://seimeibunseki.org



教授 森岡 弘志
morioka(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
准教授 小橋川 敬博
助教 佐藤 卓史
tsato(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 創薬・病態解析・治療法の開発に有効な抗体の分子工学研究
    1. 抗体の抗原識別機構の解析
    2. 小型抗原に対して特異性の高い組換え型モノクローナル抗体分子の開発
    3. 蛍光タンパク質を結合させた小型抗体分子の開発
  2. DNA複製・修復関連タンパク質の機能解析
    1. DNAならびにタンパク質の分子間相互作用に関する研究
    2. モレキュラークランプとして機能するPCNA(増殖細胞核抗原)の構造と機能の解析
    3. ブランチ構造(5’-flap DNA)特異的エンドヌクレアーゼ(FEN1)の構造と機能の解析
  3. テロメア四重鎖DNAを標的とするテロメラーゼ阻害剤の開発
    1. テロメア四重鎖DNAに強く結合する新規ポルフィリンの合成
    2. テロメア四重鎖DNAとポルフィリンとの相互作用解析
    3. テロメア四重鎖DNA-ポルフィリン複合体の分子モデリングと分子動力学シミュレーション


[拡 大]
 生体分子間相互作用の物理化学的解析結果に基づく創薬・バイオマーカー探索・病因メカニズムの解明を目指した研究を行っています。具体的には、タンパク質工学的手法・進化分子工学的手法・構造生物学的手法を駆使して天然には存在しない機能性分子の創出をめざしています。(1) 抗体の抗原認識機構の解析、さらには、機能性組み換え抗体分子の開発、(2) タンパク質間相互作用阻害薬の創製へ向けた基礎的研究を行っています。物理化学、生化学、分析化学、分子生物学、生物有機化学、構造生物学等の知識と技術に研究・教育の基盤を置いています。

Based on analysis of specific interactions of biological molecules, such as proteins, drugs and nucleic acids, we are doing researches aimed at developing functional molecules for drug discovery, pathophysiological study, and therapeutic study based on protein engineering, biophysics, structural biology, evolutionary molecular engineering and so on. Our recent research projects are as follows.

1. Analysis of antigen recognition mechanism and development of functional recombinant antibody molecules for industrial use.

2. Basic study for development of inhibitors for protein-protein interactions (PPI).

We conduct researches and provide educations based on knowledge and technology about biochemistry, physical chemistry, analytical chemistry, molecular biology, bioorganic chemistry, bioinorganic chemistry and structural biology.