医用放射線科学講座 戻る
Department of Medical Radiation Sciences
部 門 先端生命医療科学部門
分 野 医療技術科学分野



教授 荒木 不次男
f_araki(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
教授 伊藤 茂樹
shigekii(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
教授 船間 芳憲
funama(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
教授 村上 龍次
murakami(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
助教 大野 剛
t_oono(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
研究テーマ


[拡 大]

医用放射線科学分野の研究には、1)分子機能研究、2)コンピュータ支援診断(Computer-aided diagnosis:CAD)、3) CTにおける線量最適化などがある。 1)分子機能研究では、特定の病気に反応する分子に有用なRIを標識した化合物を人体に投与し、病気の診断を行う新しい画像診断法(SPECT・PET)を開発している。現在、PET検査の癌診断薬18FAMTの開発や、アミロイドーシスやアルツハイマー病について研究中である。 2) CADは、「医師が、医用画像に含まれる病巣などについて、コンピュータによって定量的に分析された結果を"第2の意見"として利用して行う診断」と定義され、その応用は、画像診断・核医学・超音波検査の多岐に渡る。 3) CTは病変を確実に診断するための非侵襲的な方法である。CTの研究目標は、画像再構成技術や画像処理技術を用いて、画質を損なうことなくCTのX線量を最適化することである。

Department of Medical Radiation Sciences consists of mainly following graduate courses 1) Molecular Imaging, 2) Computer-aided diagnosis(CAD), and 3) Optimization of radiation dose in CT. 1) Molecular Imaging is developing new radiopharmaceuticals by labeling Radio-Isotope with useful compounds to get a functional imaging for diseases. A newly developed 18FAMT shows excellent images for Astrocytoma in comparison with 18FDG (Fig. A). 2) The CAD is defined as the diagnosis which is made by a physician by using information provided quantitatively by the computer as a "second opinion", and applied in the broad field in radiology such as diagnostic imaging, nuclear medicine, and ultrasonography. 3) Computed tomography (CT) is a precise non-invasive method to evaluate clinical disease. The research goal has focused on optimizing x-ray CT dose with sacrificing image quality using image reconstruction and image processing techniques.