生体情報解析学分野 戻る
Department of Biomedical Laboratory Sciences
部 門 先端生命医療科学部門
講 座 医療技術科学講座



教授 奥宮 敏可
okumiyat(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
教授 乾 誠治
inui(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
教授 大坪 和明
kohtsubo(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
教授 三森 龍之
mimori(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
教授 大森 久光
omorih(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
教授 畑 裕之
hata(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
助教 森 信子
nobuko(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
助教 梶原 隆太郎
kajihara(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
研究テーマ


[拡 大]
本分野は、分子細胞生物学を核として、分子と生体高分子、生体高分子と生体高分子間における相互作用を情報伝達として捉えることにより、細胞間あるいは組織間における相互作用と協調で成り立っている生命機能の解析を研究目的とする。疾患者及び健常者を対象としたこの生体情報解析には、免疫学、血液学、生化学、臨床化学、遺伝子検査学、病原生物学、臨床検査学等の領域が含まれ、先進的かつ効果的な医療検査技術開発を目標とした研究が行われる。これらの個体を対象とした研究のみならず、生体が置かれている生命環境や社会環境との関わりにおいてもたらされる生命機能の変化も、環境要因と疾病情報を分子生物学的ならびに疫学的手法等を用いて情報化することによって解析し、疾病要因との関係性を明らかにすることによって、罹患者の発生を予防する研究も行う。

The investigative purpose of this field is an analysis of the life function that consists of the intercellular interaction or the cooperation between cell-cell or tissues by catching the interaction and functional relationship between the molecules and the biological macromolecules as communication, using molecular cell biology techniques. This biological information analysis study targeting of disease and healthy people includes the areas of immunology, hematology, biochemistry, clinical chemistry, genetic testing, microbiology, parasitology and Clinical Laboratory Sciences. Not only the study of these individuals also brought changes in the functional relationship between life and social environment and life environment, using techniques such as molecular biology and epidemiological survey, reveal the relationship between risk factors and diseases. The research that aimed for development of the effective medical inspection technology and the prevention methods of the occurrence of affected individuals is performed.