細胞情報薬理学講座 戻る
Department of Molecular Pharmacology
部 門 総合医薬科学部門
分 野 生体機能病態学分野
ホームページ https://sites.google.com/site/lab1yakurihp/



教授 中西 宏之
hnakanis(アットマーク)gpo.kumamoto-u.ac.jp
講師 菊池 浩二
kojik(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
助教 坂本 泰久
ysaka(アットマーク)kumamoto-u.ac.jp
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 細胞接着の制御機構
  2. 細胞運動の制御機構
  3. 細胞極性の形成機構
  4. 細胞の接着と増殖の相互制御機構
  5. 神経シナプスの形成と可塑性の分子機構
  6. 神経細胞の分化と死の制御機構


[拡 大]
上皮細胞の接着と細胞骨格
アクチン線維は細胞間接着と細胞-基質接着を裏打ちし、微小管はマイナス端とプラス端の極性を保ちながらアピカル-基底軸に沿って走行している。
Cell adhesion and cytoskeleton in epithelial cells
Actin filaments are associated with cell-cell and cell-matrix junctions. Microtubules are oriented along the apico-basal axis.
細胞の接着、運動、極性形成は、発生過程での形態形成、創傷治癒、神経回路網の形成など生体の高次機能の最も基本となる細胞機能であり、これらの細胞機能の異常が、細胞のがん化や浸潤・転移、器官の形成不全、神経疾患など、様々な病態の原因であることもわかってきている。細胞の接着、運動、極性形成においてアクチンと微小管の細胞骨格が必須の役割を果たしていることから、私共は、細胞骨格に関わる分子を新たに単離し、それをよりどころとして接着、運動、極性形成の制御機構を解析している。さらに、これらの基礎研究の成果を発展させ、疾患や病態との関連を解析し、分子を標的とした創薬や診断・治療の開発を試みている。

Cell adhesion, motility, and polarization are fundamental cellular functions that underlie a variety of physiological events, such as tissue morphogenesis, wound healing, and formation of neural network.

Disruption of these cellular functions causes many human diseases, such as cancer and neural diseases. However, molecular mechanisms of cell adhesion, motility, and polarization are not fully understood.

The actin and microtubule cytoskeleton plays essential roles in cell adhesion, motility, and polarization. We are attempting to isolate novel molecules interacting with the actin and/or microtubule cytoskeleton and investigating the molecular mechanisms of cell adhesion, motility, and polarization. Based on the molecular mechanisms, we will also challenge to create drugs for human diseases.