呼吸器内科学講座 戻る
Department of Respiratory Medicine
部 門 総合医薬科学部門
分 野 生体機能病態学分野
ホームページ http://kumamoto-respir.com/



教授 坂上 拓郎
准教授 一安 秀範
助教 岡本 真一郎
助教 佐伯 祥  (大学病院所属)
助教 冨田 雄介
研究テーマ
【研究プロジェクト名および概要】
  1. 喘息・咳嗽・気道系疾患に関する研究
    1. 喘息の肺機能低下の予防に関する研究
    2. 喘息の慢性化因子に関する研究
    3. 慢性重症喘息の治療に関する研究
    4. 慢性咳嗽の診断と治療に関する研究
    5. 喘息患者リンパ球の気道組織への接着機能・ホーミングの研究
    6. 気道上皮内Tリンパ球に関する研究
    7. 喘息における樹状細胞の役割に関する研究
  2. 肺癌に関する研究
    1. 肺癌細胞におけるEGF受容体遺伝子の変異とEGF受容体リン酸化阻害薬の効果に関する研究
    2. 肺癌細胞におけるPI3K遺伝子発現と予後に関する研究
    3. 低分子GTP結合蛋白質(small G protein)と分裂期キナーゼに関する研究
    4. 高齢者非小細胞肺癌における併用化学療法の有効性に関する研究
    5. 高齢者非小細胞肺癌における化学放射線併用療法の有効性に関する研究
    6. 非小細胞肺癌治癒切除症例に対する術後補助化学療法の有効性に関する研究
    7. 抗癌薬の薬物反応性に関する検討-塩酸アムルビシンにおける薬物血中濃度と抗腫瘍効果・副作用との関連性に関する研究- 薬剤部との共同研究
  3. 呼吸中枢・睡眠時呼吸障害に関する研究
    1. 呼吸調節における中枢神経系と末梢神経系の役割に冠する研究
    2. 喘息患者の呼吸困難感に関する研究
    3. 睡眠時無呼吸症候群の病態解析と治療に関する研究
  4. 間質性肺炎疾患に関する研究
    1. 特発生肺線維症(IPF)におけるリモデリングに関する研究
    2. 免疫抑制剤による肺線維化の制御に関する臨床的、基礎的研究
    3. 間質性肺炎の新しい疾患マーカーに関する研究
    4. 間質性肺炎におけるNSIPの位置づけと臨床病態に関する研究
    5. 肺線維症におけるアルギナーゼの役割に関する研究
    6. 急性間質性肺炎の病態、治療に関する研究
    7. 膠原病肺に関する研究
    8. 薬剤性間質性肺炎に関する研究
  5. サルコイドーシスおよび肺肉芽腫の病因、病態に関する臨床的、基礎的研究
    1. サルコイドーシスの病因としてのP.acnesの意義に関する研究
    2. 樹状細胞の役割に関する研究
    3. 制御性T細胞の役割に関する研究
  6. 呼吸器感染症に関する研究 肺真菌症に関する研究
    1. 肺アスペルギルス症における病原因子の基礎研究と臨床的症例研究
    2. ウイルス肺炎の組織障害におけるNOの役割に関する研究
    3. 急性炎症反応におけるNO・酸素ラジカルの役割に関する研究
    4. 緑膿菌性肺炎・肺傷害における脂質ラジカルの役割に関する研究
    5. マクロライドの新作用機序の基礎的研究
  7. 肺生体防御に関する研究
    1. 気道上皮細胞の分子生物学的研究
    2. 気道・肺胞上皮細胞間のタイトジャンクション制御に関する研究

気管支喘息は、吸入抗原による感作が成立して気道でのアレルギー性炎症が誘発される疾患である。我々は喘息患者のリンパ球が選択的に気道に集積しやすい機能を持つことを発見し、その機序を解明するとともに、組織への細胞浸潤をブロックすることやそのリンパ球を制御することにより喘息の新しい治療を目指している。吸入ステロイドと長時間作用性ß2刺激薬配合剤によりコントロール良好の喘息症例のステップダウン治療についての臨床研究を行っている。原因不明の咳の診断と治療の研究を展開するために、喀痰および呼気ガス分析により診断のカギを追究している。肺癌については、癌細胞におけるEGFRの発現量、変異を検討している。その意義はチロシンキナーゼ阻害薬使用の際の症例選択に有用と考えている。間質性肺炎に関しては血清マーカーからの診断予後の検討をしながら、新しい治療法としてポリミキシン固定化カラムによる吸着療法の応用を検討している。急性肺障害の新しい治療法の開発を目指して、動物モデルにおいて、ガレクチン9投与で形質細胞性樹状細胞様マクロファージが誘導され、マクロファージのTLR-4とTLR-2を調節して、向炎症性サイトカインの分泌が抑えられ、肺障害を抑制することを証明した。現在、肺のstem cells, progenitor cells の研究を始めている。

 Recently, we found that CD4 cells of patients with asthmatics preferential infiltrate into the bronchial tissues. Now, we are studying the infiltrating mechanism. Our goal of the study is to treatment asthma by blocking the infiltration and suppressing the responsible lymphocytes. We explore step-down treatment approach of inhaler therapy in well-controlled asthmatics with inhaled corticosteroid/long acting ß2 agonist combination. Furthermore, we seek after exhaled gas analysis and sputum to diagnose and to treat cough with unknown origin. We examined expression of a EGFR(epidermal growth factor receptor) expression and the mutations on lung cancer cells. This project is useful for a selection of candidates for EGFR tyrosine kinase inhibitor to treat lung cancer. Idiopathic interstitial pneumonias(IIPs) are progressive interstitial lung diseases of unknown etiology with a variety of inflammatory and fibrotic changes. So, we examine serum makers for diagnosis and prognosis for the IIPs, and we are trying to develop a new therapy using PMX-DHP for IIPs. To establish nobel therapies for acute lung injury (ALI), we recently demonstrated that Galectin-9 attenuated a murine ALI model by expanding plasmacytoid dendritic cells-like macrophages by preferentially suppressing macrophage functions to release pro-inflammatory cytokines through TLR4 and TLR2 down-regulation. Now, studies of lung stem cells and progenitor cells are in progress.